MMT(現代金融理論)「論」ウオッチング!

ここは「MMT日本語リンク集」(みてねー)の番外サイト。 MMT(現代金融理論)「論」をウオッチしています。 良い紹介、よい批評を読みたいよね!

良:【焦点:現実か幻想か、欧州に飛び火する財政拡大理論「MMT」】(ロイターさん)

出ました、道草・経済学101系以外から、初の良記事が!
(もちろん、ほかにもあったかもしれなせんがまだ気づいてなくてごめんなさいね)

焦点:現実か幻想か、欧州に飛び火する財政拡大理論「MMT」

ロイターの欧州のレポートですが、内容的には前回ご紹介したPIMCOの論調とシンクロしていますよね、これ。

この記事でMMTの説明として、特にいいなと思ったのは、こことか

米国左派の期待の星であるアレクサンドリア・オカシオコルテス氏を通じて有名になったMMTは、実質的に、インフレを制御できている限りにおいて、国家は自由に自国通貨を発行・支出することができると考える。

ここあたりですね。

MMTの主唱者によれば、QEが2次市場における社債・公債の大量購入によって金融市場を刺激することだけを意図しているのに対して、MMTのポイントは政府支出と実体経済への資金供給であるという。

うんうん。

っと、これで終わってもいいんですが、内容的にちょっと気になったのはこのくだり。このジェイコブセンのような発言、気になりますよね。

サクソバンクの最高投資責任者(CIO)を務めるスティーン・ジェイコブセン氏は、「欧州議会選挙の後も欧州経済の減速が続くようなら、欧州の政治家ももっとインフラ整備が必要だと言うようになり、コストを増やすことなく通貨を追加発行できると考えるのではないか、と人々は想定している」と言う。

あと、ジャネット・イエレンがハイパーインフレへの道と言ったとかいう報道とか。。。
うーん、自分、このエントリとかでOMFとか強調しすぎちゃいましたかね。海外でも読まれてるんですかね。

賢明なMMTerファンの皆さんは、あんなの今すぐやれという話などではなくて、ケルトン先生がクルーグマンに対して「もしかしてあなた、債務の持続可能性がそんなに心配ならやめればいいんじゃないすか?」っみたいに対抗するときのような要領。

現行システム(国債)でも別にそれほど問題ない。ただ単に、それ自体に根拠がない、いろいろな寝言をアレするために。。。たとえば、

 債務上限ルールとか、
 均衡財政論とか、
 政府のBS論とか、
 政府紙幣論とか、
 ヘリコプターマネーだ!、
 国債の買い手がいなくなる、
 買い手が絶対に必要だ、
 、、、、
このへんで。





コメント

プロフィール

HN:
にゅん オカシオコルテス
性別:
非公開

P R