MMT(現代金融理論)「論」ウオッチング!

ここは「MMT日本語リンク集」(みてねー)の番外サイト。 MMT(現代金融理論)「論」をウオッチしています。 良い紹介、よい批評を読みたいよね!

MMTで考える「赤字国債スパイラル」 そしてワープア国家へ?

連休も終わるので、にゅんオカシオコルテスが考える、

このまま赤字国債をわざわざ発行するルールを守っていくと、ワープア国家に加速度的に進むしかなくないか? 

というか、現にこうなのでは?

という話をします。
これ、たとえ消費税が減税になっても赤字国債発行ルールが続いたら下手をすると全部吸い取られませんか?という話。
そしてそれは「中立貨幣」という神話に隠蔽される。。。


本ブログの読者ならわかる、おなじみの図が6つになります。

何度か真剣に考えたのですが、自分の頭だと、どうしてもどうしてもこうなります。。。
お願いです!

どうかまちがいを見つけてみて下さい!


図1 始まりの図


 

図2  労働者の弱体化

 

図3  政府が赤字国債を準備


 
図4  政府が財政支出(減税でも同じ?)


 

図5  企業の利益が株主へ(その1)
 
図6  企業の利益が株主へ(その2)
 

図7  ほとんど元に戻る。。。


これはほとんど、図1なんですよ。。。
誰かさんのところに国債が増えただけ。。。

コメント

1. 無題

企業の利益は全て株主に行くのでしょうか?国民にはいかないのですか?

2. 無題

>企業の利益は全て株主に行くのでしょうか?国民にはいかないのですか?

コメントありがとうございます。

これはあくまで単純なおもちゃもですですが、
「背景に企業が強い(労働者が弱い)という構造がある」という前提の上でのストーリーです。

そういう前提を温存するならば、政府が減税や財政支出でなんとかしようとしても、赤字国債を発行したら台無しになるのでは?という分析をしてみたのです。
資本側に燃料をやるようなものだからです。

プロフィール

HN:
にゅん オカシオコルテス
性別:
非公開

P R