MMT(現代金融理論)「論」ウオッチング!

ここは「MMT日本語リンク集」(みてねー)の番外サイト。 MMT(現代金融理論)「論」をウオッチしています。 良い紹介、よい批評を読みたいよね!

お題:【「現代金融理論」を実践する危うい日本】(真意一到さん、週刊エコノミストOnline)

MMT(Modern monetary theory, 現代金融理論、現代貨幣理論などど。詳しくはMMT日本語リンク集作りました)についての日本語情報が増えてきました。

アレクサンドリア・オカシオーコルテス下院議員の登場と、氏がこの理論を支持していることを表明するやいなや、米国では議論(?)が爆発している風情で、その余波で日本のマスコミでの報道がちょこちょこ始まり、国会質問に出てくる程度にはなって来たようです。

そうすると、いろいろと関連する論評が増えてくるのですが、まともなものはリンク集に入れたいのですが、微妙なもの、まるっきりおかしいものも出てきまして、リンク集の運営者としてそういうのをどうしようかと。。。
とりあえず、そういうのを収集してみようかなと作ったブログです。

初回ということで、ちょうどいま検索ところ週刊エコノミストOnlineというところに、このような記事があったのですが紹介のところでいきなり。。。

この理論によれば、金融主権国家(自国中央銀行と自国通貨を持つ国家)は、自国通貨建て債券が消化される限り、通貨を必要なだけいくらでも発行できるため、国家の財政赤字は問題にならない。

たったこれだけの中に誤解がたくさん混じっているなー

金融主権国家(自国中央銀行と自国通貨を持つ国家)は
うんうん

自国通貨建て債券が消化される限り
んー?国債と準備預金は等価ちゅうとるのだが

通貨を必要なだけいくらでも発行できるため
んー、ヘリコプターマネーと見なしているのかな? MMTの人ならこういう風に書きますね。
「その通貨で買えるものを買いつくしたら政府支出はおしまい(そこまで買う政府なんてないけど、それくらいわかれ)」


国家の財政赤字は問題にならない
これはまあ、似たような言い方はしますか。。。 正確には、「財政黒字や均衡財政を目指すのは危険」、「いい感じのところは財政均衡地点よりも、かなり財政赤字側にあるはず」みたいな感じなので。 それって、「財政赤字は問題にならない」なんすかね??

クルーグマンとか「んじゃいくらの赤字ならいいんや?」と、コドモの「何時何分何秒?」みたいな、いったいこの10年くらいやってきたあんたとMMTerの論争は何だったんすかね?ってなるちょっと信じられないコラムを書くわけですが、締め切りに追われたんですかね。。。

「適切な財政赤字額」、そんなものグラフ一発で決められるわけないと思いませんか?
失業者の人数とか、難病の人の数とかその程度とか、軍拡するか軍縮するか、あなたがどんな社会を作りたいかで違うにきまってませんかね?

だいぶ話が逸れました。
ということなので、この真意一到さんという方の記事はMMTにとって以下は与太話。
全体としてあえてまとめるなら、「まじめに調べてから書いてほしい。ライターこれでお金もらえるんだ!」っていう感じじゃないでしょうか。。。

コメント

プロフィール

HN:
にゅん オカシオコルテス
性別:
非公開

P R